実施体制

組織図
Organization

プロジェクトマネージャーを中心に、AIとロボットの融合、社会実装、社会ニーズ分析のプロがチームを組み、外部機関とも連携しながらプロジェクトを進めています。

参加研究者
Members

研究開発項目1

R&D Goal 1

スマートロボットの身体と
制御システムの構築

Project Manager

菅野重樹

早稲田大学理工学術院 教授

WebsiteResearch Profile

研究開発課題:
人間との接触を伴う作業が可能なロボットシステムの構築

大原賢一

名城大学理工学部 教授

Website

研究開発課題:
スマートロボット用ミドルウェアの構築

木村啓二

早稲田大学理工学術院 教授

WebsiteResearch Profile

研究開発課題:
スマートロボットの頭脳を実現するコンパイラ協調低消費電力AIプロセッサの開発

研究開発項目2

R&D Goal 2

スマートロボットの
知能システムの構築

Sub Project Manager

尾形哲也

早稲田大学理工学術院 教授、(国研)産業技術総合研究所
特定フェロー

WebsiteResearch Profile

研究開発課題:
スマートロボットによる環境との柔軟なインタラクションの実現

堂前幸康

(国研)産業技術総合研究所
情報・人間工学領域
研究チーム長

Website

研究開発課題:
スマートロボットの経験拡張のための基盤整備と実証

山下祐一

(国研)国立精神・神経医療研究センター 神経研究所
疾病研究第七部 室長

Website

研究開発課題:
スマートロボットの知能に関する数理的アプローチ

岡田将吾

北陸先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科 准教授

WebsiteWebsite

研究開発課題:
人間と協調するスマートロボットのためのマルチモーダル対話インタラクション基盤

ヴィヅィヤクマル セトゥ

エディンバラ大学情報学部ロボット工学 教授、英国アラン・チューリング研究所
プログラムディレクター

WebsiteWebsite

研究開発課題:
長期タスクを実現する階層的モーションプランニングフレームワークの提案・実装

野口直昭

株式会社日立製作所研究開発グループロボティクス研究部 部長

WebsiteWebsite

研究開発課題:
転移学習のためのロボット基盤モデル構築

研究開発項目3

R&D Goal 3

スマートロボットの
福祉・医療への展開技術の構築

Sub Project Manager

村垣善浩

神戸大学大学院医学研究科/未来医工学研究開発センター
教授

Website

研究開発課題:
福祉・医療現場に導入可能なロボットの設計とシステム構築と実用化

正宗 賢

東京女子医科大学大学院医学研究科先端工学外科学分野
教授

Website

研究開発課題:
福祉・医療現場に導入可能なスマートロボットの機能強化と実装評価

小林英津子

東京大学大学院工学系研究科 教授

Website

研究開発課題:
福祉・医療ロボット設計と福祉・医療応用の品質保証・国際標準化

桑名健太

東京電機大学工学部 准教授

Website

研究開発課題:
福祉・医療ロボット設計と福祉・医療応用のリスクマネジメント

岩田浩康

早稲田大学理工学術院 教授

WebsiteResearch Profile

研究開発課題:
福祉・医療現場に導入可能なロボットハンドシステムの構築と実用化

研究開発項目4

R&D Goal 4

スマートロボットの
実用化方策

Sub Project Manager

高橋利枝

早稲田大学文学学術院 教授
ケンブリッジ大学
「知の未来」研究所
アソシエイト・フェロー

WebsiteWebsite (Project GenZAI)

研究開発課題:
ELSIの視点からのAIロボットのニーズおよび社会受容性の国際評価

PM支援室

PM補佐

松本 治

早稲田大学次世代ロボット
研究機構 研究院教授

Website

支援スタッフ

綿屋元成

早稲田大学次世代ロボット
研究機構 ムーンショット
PM支援室

  • 早稲田大学
  • ムーンショット型研究開発事業
  • 名城大学
  • 産業技術総合研究所
  • 国立精神・神経医療研究センター
  • JAIST
  • informatics
  • HITACHI
  • 神戸大学
  • 東京女子医科大学
  • 東京大学
  • 東京電機大学